スポーツ・ダイエット

ダンベルを購入しようか迷っている方へ ダンベルおすすめ厳選7!

自宅で筋トレをしたい方はダンベルがおすすめです!その理由は腕や肩、体幹など全身のトレーニングに使えるからです。ダンベルにはいくつか種類があり、目的によって用途は変わってきます。ここでは厳選したおすすめのダンベルに【おすすめポイント】を記載していますのでダンベルを購入しようと迷っている方向けです。自分に合った物があれば是非トライして理想の体型を目指しましょう。

おすすめサイトの中でもおすすめ商品が多く、かえって迷ってしまったことはないでしょうか。使いやすい、握りやすさ、コスパが高い商品やAmazon、楽天で人気のダンベルの中からおすすめ商品を厳選し7つご紹介します。ダンベルの購入で失敗したくないと思っている方は必見です。

【目次】
〇ダンベルのメリット
〇ダンベルには可変式と固定式がある
〇ダンベルの選び方
〇ダンベルのおすすめ厳選7

ダンベルのメリット

ダンベル マン
ダンベルは、トレーニングに使われる片手に持ちやすい形につくられた重りです。

ダンベルをもってトレーニングを行うことで、ダンベルの重さの分だけ筋肉への負荷を上げることができます。

重さは0.5kgと軽いダンベルから、40kgを超える重いダンベルまで幅広いラインナップがあります。

そのため、これから筋トレをダイエット目的で始める女性からボディビルの大会に向けて毎日鍛えている筋トレのプロまで幅広い方におすすめです。

ダンベルの価格は1,000円台で購入できる商品から50,000円を超える商品までダンベルの機能によって価格差があります。

ダンベルを使ったトレーニング種目は筋肉の部位ごとに種類が豊富なため、ダンベルを購入すれば身体の鍛えたい部位を鍛えることが可能です。

バーベルやマシンに比べてかさばらないため、運動したい人は自宅に置いておくと良いでしょう。

ダンベルには可変式と固定式がある

ダンベルには大きく分けて以下の2種類があります。
・可変式ダンベル
・固定式ダンベル

可変式ダンベル

可変式ダンベルとは、重さを変えられるダンベルです。

ダンベル白黒

可変式ダンベルのメリット
・筋力に合わせて重りを変えられる
・筋肉の部位に合わせて重りを変えられる
・重さごとにダンベルを用意しなくていい
・ダンベルを何個も用意する必要がないのでかさばらない
・商品によってはバーベルに変形させられる

なんといっても一番のメリットは重さを変えられることです。

筋トレをして筋肉を大きくしたいと思っているなら、筋肉への負荷を上げていく必要があります。

これを漸進性過負荷の原則といい、重さを変えずにいつまでも同じ負荷で筋トレをしても筋肥大していきません。

そのため、美しい身体を手に入れるためにダンベルを購入する方は可変式ダンベルが必要になるでしょう。

また、重さごとにダンベルを用意する必要がないことも大きなメリットになります。

自宅トレーニングのためにダンベルを購入するなら、できるだけ場所を取らない方が嬉しいはずです。

商品によっては、ダンベルをつなげてバーベルに変形させられるものがあります。

ダンベル、バーベルのどちらでも使えれば、取り組めるトレーニング種目の数が大きく増えるので便利です。

ここまでメリットを解説してきましたが、もちろんデメリットもあります。

可変式ダンベルのデメリット
・重さの変更に時間がかかる(プレートを付け替えるタイプ)
・価格が比較的高い(ダイヤルやピンで重さを変えるタイプ)

シャフトにプレートを取りつけて、カラーという留め具でプレートを固定するタイプの可変式ダンベルは重さの変更に時間がかかります。

カラーとプレートを取り外して、プレートを付け替えてからカラーをしめる作業はそれほど時間がかからないと思うかもしれません。

しかし良く考えてみてください。

たとえばダンベルプレスを行うときにはダンベルを両手に持ちます。

ダンベルを両手に持つということは、重りを変える作業が4回出てきます。

トレーニングのセット数ごとに重さを変えたいなら更に重りを変える作業が発生します。

本来は身体を休めるインターバルの時間に急いで重さを変える作業をしなければならないのは面倒くさいです。

そのため、プレートを付け替えるタイプの可変式ダンベルは中級者以上のトレーニーにはおすすめできません。

そこで重さを変える作業を短時間で行えるように開発された可変式ダンベルがあります。

可変式ダンベル

これらの可変式ダンベルは、ダイヤルをまわしたりピンを差し替えることで瞬時に重さを変えられます

このタイプは重さの変更に時間がかからない代わりに、安い商品でも20,000円以上と価格が高いことがデメリットです。

固定式ダンベル

固定式ダンベルとは、重さを変えられないダンベルです。

固定式ダンベル

固定式ダンベルのメリット
・すぐに筋トレが始められる
・サイズが小さい
・カラフルで可愛らしいダンベルがある
・価格が安い

重さを変えられないので、ダンベルを手にとったらすぐに筋トレが始められます。

そのため、運動不足解消のためにちょっとだけ身体を動かせれば十分な人だったり、重さごとにダンベルを用意できる人であれば固定式ダンベルはおすすめです。

また、可変式ダンベルと比較してサイズが小さいです。

サイズが小さい商品には、カラフルで可愛らしいダンベルもあり女性に人気となっています。

これらは2,000円弱で購入できる商品もあり、価格の安さも魅力的です。

次に固定式ダンベルのデメリットを解説します。

固定式ダンベルのデメリット
・重さごとにダンベルを用意しないといけない
・重さごとにダンベルを用意するとかさばる

重さを変えられないことで、重さごとにダンベルを用意しないといけないのは大きなデメリットになります。

筋トレを継続していくつもりなら、重さの異なるダンベルが必要になります。

これはトレーニングの効果を出すためには筋肉の発達に合わせて重さを増やしていく必要があるからです。

異なるダンベルを用意するとかさばります。

そのため、本格的に筋トレに取り組みたい人にはあまりおすすめできません。

ダンベルの選び方

AorB

ダンベルを選ぶときに最も大切なことは、自分に合った重さのダンベルを選ぶことです。

自分に合った重さのダンベルを使わないと以下のような問題が起きるからです。

・重くて正しいフォームでトレーニングができない
・重くて腰や膝を痛める
・軽すぎて負荷が小さく筋肉が大きくならない

これらの問題が起きると、筋トレで成果をなかなか出せません。

成果が出ないと筋トレを継続する気がなくなってしまうので、ダンベルを買った意味がなくなってしまいます。

ダンベルの素材にこだわるのもひとつですが、優先するのは重さを重視してダンベルを選びましょう。

重さを重視するとなると、自宅トレーニングなら可変式ダンベルに軍配があがります。

可変式ダンベルなら1つのダンベルを筋力や身体の部位に合わせて使いまわせます

そうなると固定式ダンベルを買ってはいけないのかと思うかもしれません。

そんなことはありません。

まずはあまりお金をかけずにダンベルを使ってみたいという筋トレ初心者には固定式ダンベルがおすすめです。

あなたのダンベルを購入する目的や筋トレで目標とする姿に合わせて、自分に合ったダンベルを選ぶようにしましょう。

ダンベルでトレーニングすると床を傷つけてしまう可能性があります。それを防止するために、クッション性のあるヨガマットなどの上で実施するのがおすすめです。ヨガマットについてはこちらを参考にしてください

ヨガマットのメリット

ダンベルのおすすめ厳選7

使いやすい、握りやすさ、コスパが高い商品やAmazon、楽天で人気のダンベルの中からおすすめ商品を厳選し7つご紹介します。

Wout

おすすめポイント
コスパが高く、デザインがカッコイイ!
wout ダンベル
Amazonでみる楽天でみる

タイプ 可変式
価格 5899円

※重さにより価格は違います

持ちやすく、ダンベル特有のぶつかった時の音がなりにくいのが特徴。その理由はグリップに手に馴染む樹脂を採用し、外部素材はポリエチレンを採用。その他の機能として連結シャフト使用することで長さを変えることができバーベルにもなります。素材、機能面、価格から非常にコスパが高いダンベル!

 PROIRON

おすすめポイント
握りやすく、手触りがよく、おしゃれで初心者や女性向け!
proiron ダンベル
Amazonでみる楽天でみる

タイプ 固定式
価格 5799円

Amazon の売れ筋ランキングでも常に上位。デザインがおしゃれでカラフルなのが特徴。ダンベルは床に置くと転がってケガする恐れがあるが、転がり防止のデザインになっている。また、バーベルのように取り外して調整する手間がない。固定が緩かった場合にプレートが落下する危険がないので安心・集中して筋トレが可能。

TOP FILM

おすすめポイント
可変式パワーダンベル!2.3~41.0kgの27段階調整が可能。両腕合わせて最大82kgの負荷がかけられる。
top film ダンベル
Amazonでみる楽天でみる

タイプ 可変式
価格 36800円

1つで最大41kgの負荷がかけられるのが特徴。41kgはさすがに重たいので上級者の方向け。最小量は2.3kg~27段階の負荷量調整が可能なのでこの1台で重さを変えていける。重量変更はとても簡単でピンを差し替えるだけ

IRONMAN CLUB ジョギング ダンベル

おすすめポイント
ジョギング・ウォーキングに適したダンベルで持ちやすく、滑りにくい。ランナーや女性向け。
ironman club ダンベル
Amazonでみる楽天でみる

タイプ 固定式
価格 660円

※重さにより価格は違います

握りやすく・滑りにくいダンベル。ジョギング・ウォーキングの際に持ちながら運動量をup。重さが軽めのなので美しく引き締まった腕のトレーニングにも最適。

IROTEC

おすすめポイント
筋トレ器具で人気のあるブランド!Amazonや楽天のランキングでも上位!
irotec  ダンベル
Amazonでみる楽天でみる

タイプ 可変式
価格 12210円

※ラバーダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

Amazon、楽天ともに人気のあるダンベル。IROTECはいろいろなトレーニング器具を販売しており人気の高く信頼性のあるブランド。シンプルなデザインが特徴で品質が高い。初心者の方から上級者の方向け。

リーディングエッジ アーミーダンベル

おすすめポイント
ダンベルの錆びつきや臭いが気にならないダンベル!
リーディングエッジ ダンベル
Amazonでみる楽天でみる

タイプ 可変式
価格 3650円

※10kg×2個セット
鉄製特有の錆びつきや臭いを気にする方におすすめのダンベル。値段も比較的リーズナブル。ポリエチレンでコーティングされているので鉄製特有の錆びつきや臭いが気にならない

Taimonik

おすすめポイント
グリップに特徴あり!高重量でも手に食い込まず痛くなりにくい!

taimonik ダンベル

Amazonでみる

タイプ 可変式
価格 7699円

※重さにより値段は違います

手が痛くなるのが嫌な人におすすめ!強く握ったり、重量をあげると手に食い込んでしまう。このグリップは細かい凹凸状で滑りにくい加工で、しっかりと握ることができる。

まとめ

ナンバー1
個人的ランキングで言えば、機能面や握りやすさ、デザインから「Wout ダンベル」が1位です。選ぶポイントは人それぞれ違います。それぞれダンベルの【おすすめポイント】を参考に自分の探していたダンベルがみつかれば是非トライして理想の体型を目指しましょう。