スポーツ・ダイエット

おすすめランニングマシーン厳選7!購入するのに失敗しない選び方をご紹介

自宅ジムの定番であるランニングマシーン。運動器具の中では高価なものですがジムに通う月額費用や通う時間などを考えるとトレーニングする方にとって価値が高い運動アイテムのひとつです。

ランニングマシーンにはいろいろな機能がついているので選ぶポイントが多いです。そのためおすすめ商品には選ぶ項目を表でわかりやすく記載しています。

おすすめサイトの中でおすすめ商品が多く、迷ってしまったことはないでしょうか。比較し迷うことも大切ですがこの記事ではリサーチし、厳選したもの7つご紹介します。自分の条件に合ったマシーンがあれば是非試してください。

【目次】
〇ランニングマシーンとは?
〇ランニングマシーンのダイエット効果
〇ランニングマシーンの正しい選び方を機能面から紹介
〇ランニングマシーンのおすすめ商品7選
〇まとめ

ランニングマシーンとは?

ランニングマシーンは室内でウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行うことを目的に販売されているトレーニング器具です。ルームランナーやトレッドミルとも呼ばれています。

スポーツジムにあるランニングマシーンは家庭用のタイプよりも大きさがあり、値段も高額なものが多いので、自宅で利用する場合は家庭用のランニングマシーンを選ぶようにしましょう。

ランニングマシーンを利用すれば、ジムに行く時間を節約することができ、周りの方の視線を気にすることなく有酸素運動に集中することができます

ランニングマシーンのダイエット効果

ランニングマシーンのダイエット効果は高いです。

理由は脂肪燃焼に効果的なタイミングですぐに有酸素運動を始めることができることや、継続しやすいことです。

脂肪燃焼に効果的なタイミングは、筋トレを行なった後のタイミングです。このタイミングは、脂肪燃焼が促進されやすい体内環境になっており、軽い有酸素運動でも脂肪を燃焼しやすいメリットがあります。

ランニングマシーンを使えば、運動着に着替えて外に行く必要もなく、気軽に運動を始めることができます。自宅で筋トレを行なっている方は、筋トレ終了後すぐに有酸素運動を始めることが可能です。

このように脂肪燃焼に適したタイミングですぐに有酸素運動を始めることができるランニングマシーンはダイエット効果が高いと言えるでしょう。

他にも、ランニングマシーンは安くても数万円するものがほとんどで、自宅に置くとスペースをとることになるので、心理的にも「せっかく購入したのだから頑張ろう」と継続しやすいメリットもあります。

毎日外にランニングに行くのは気分が乗らないと言う方も、自宅で自由に行えるランニングマシーンなら継続できるかもしれません

ランニングマシーンの正しい選び方を機能面から紹介

ポイント

家庭用のランニングマシーンを選ぶ際は以下の点を確認してから購入するようにしましょう。

・ベルトの長さと幅
・最高速度
・連続走行時間
・傾斜やインターバル走など付属機能
・耐荷重量
・折りたたみ式か

ベルトの長さと幅

まず大切なのはベルトの長さと幅です。ベルトの長さが短すぎると速い速度でのランニングがしにくくなります。また、幅が狭いとベルトから踏み外して転倒してしまう可能性も高まります。なので目安はベルトの長さ110cm以上、幅は35~40cm以上を選ぶようにしましょう。

最高速度や連続走行時間

ランニングに慣れている方は最高速度と連続走行時間も確認しましょう。最高速度は16km/hほどあれば満足いくはずです。連続走行時間は60分以上あれば本格的なダイエットにも適しています。

傾斜やインターバル走など付属機能

ランニングマシーンの中には傾斜をつけることができるものがあります。そのため、坂道を走っているような感覚になり、体力upや足の筋力upにつながります。また、速度を自動で調節してくれてインターバル走など脂肪燃焼効果の高い運動を行える機能が付属しているものもあります。

耐荷重量

ランニングマシーンにも耐荷重量の記載があるはずなので、必ずご自分の体重を考えて選ぶようにしましょう。ランニングしている場合は衝撃がマシーンに加わることになるので、なるべく余裕のある耐荷重量のものを選んでみてください。

折りたたみ式か

ランニングマシーンを自宅に置くとかなりのスペースを取られてしまう可能性が高いので、なるべく折り畳めるタイプか、縦置きできるタイプを選ぶことをおすすめします。

ただし毎回折り畳みに労力が必要になり、それが億劫になってしまい運動が面倒になってしまうと元も子もないので、その点も考えて確認してください。

ランニングマシーンのおすすめ商品7選

Amazon や楽天などの通販サイトでリサーチしたものをご紹介します。人気が高いものや価格が安いものなど自分の条件に合ったマシーンがあれば是非試してください。運動器具の中では高価なものですがジムに通う月額費用や通う時間などを考えると長期間トレーニングしたい方にとって、価値のあるアイテムになります。

① BARWING(バーウィング)

【おすすめポイント】
楽天・Amazonで人気の高いマシン!

Amazonでみる楽天でみる

本体サイズ 幅約65.5 × 奥行約157 .0× 高さ約127.5(cm)
ベルトサイズ 幅約40.0 × 奥行約115.0(cm)
速度調整 1.0km〜16.0km/h
連続走行時間 99分
傾斜調整 〇(3段階)
耐荷重量 130kg
折りたたみ式
参考価格  39800円

最高速度が16km/hが魅力のひとつしっかり走るためには音やベルトへの衝撃が気になるところではあるが独自の衝撃吸収システムである8つの特殊クッションが搭載されている。なので、着地の衝撃を吸収してくれる。

② PURE RISE(ピュアライズ)

【おすすめポイント】
安くてコンパクト!折りたたみが可能でカラーバリエーション豊富!

Amazonでみる

本体サイズ 幅約42.0× 奥行約104.0 × 高さ約113.0(cm)
ベルトサイズ 幅約27.0× 奥行約80.0(cm)
速度調整 0.5km〜8.0km/h
連続走行時間 30分
傾斜調整 〇(3段階)
耐荷重量 100kg
折りたたみ式
参考価格 14800円

マシーンは黒ベースの商品が多いがPURE RISEは5色「オレンジ」「ブルー」「ピンク」「グレー」「ブラック」から選べる。自分の好みや自宅内の配色に合わせて選べるのが魅力。機能面では5つのプログラムパターンがあり、速度が自動的に変わるので飽きずにトレーニングが可能。

③ ALINCO(アルインコ) AFJ2019A

【おすすめポイント】
音声ガイダンス機能が付いているので機械操作が苦手な方でも安心!

Amazonでみる

本体サイズ 幅約67.0 × 奥行約143.0 × 高さ約121.0(cm)
ベルトサイズ 幅約40.0 × 奥行約110.0(cm)
速度調整 1.0km〜10.0km/h
連続走行時間 90分
傾斜調整
耐荷重量 100kg
折りたたみ式
参考価格 40739円

フィットネスの老舗ブランド。音声ガイダンス機能があるので機器を扱うのが苦手な方でもスムーズに運動が可能。面倒な組み立てが不要で届いたらすぐに使用できる。

タブレットトレー付きなので動画や音楽を楽しみながら運動が可能。小物ホルダーが付いているので飲み物を置けるのは長時間運動するにはありがたい。

④ Lysin

【おすすめポイント】
スタイリッシュでオシャレなランニングマシーン!操作がシンプルで簡単

Amazonでみる楽天でみる

本体サイズ 幅約58.0 × 奥行約133.0 × 高さ約105.0(cm)
ベルトサイズ 幅約40.0 × 奥行約110.0(cm)
速度調整 1.0km〜12.0km/h
連続走行時間 90分
傾斜調整 なし
耐荷重量 100kg
折りたたみ式
参考価格 39800円

デザインがかっこいいので他のマシーンと比較し部屋のデザインに合いやすい難しい操作は一切なし。「開始/停止」ボタンを押してスタート、「+」「-」のボタンでスピードを調整するのみ。前方にキャスターが付いているので移動がスムーズにできる。

⑤ YouTen

【おすすめポイント】
正しい姿勢で運動ができる2WAYハンドル

Amazonでみる楽天でみる

本体サイズ 幅約61.0 × 奥行約105.0 × 高さ約114.0(cm)
ベルトサイズ
速度調整 1.0km〜8.0km/h
連続走行時間 45分
傾斜調整 〇(3段階)
耐荷重量 100kg未満
折りたたみ式
参考価格 16800円

運動中にバランスが悪くならないようハンドルを把持する方におすすめ。ハンドル部分は前と横の2ヶ所を持つことが可能。持ちやすい位置で安全に運動ができる。値段はリーズナブルでサイズはコンパクト

⑥ BTM

【おすすめポイント】
コスパ重視の方におすすめ!しっかり走れて静音!運動中に自分の脈拍が測れる!

Amazonでみる楽天でみる

本体サイズ 幅約55.0 × 奥行約138.0× 高さ約123.0(cm)
ベルトサイズ 幅約39.0 × 奥行約110.0(cm)
速度調整 0.8km〜12.0km/h
連続走行時間 60分
傾斜調整 ×
耐荷重量 100kg
折りたたみ式
参考価格 29800円

幅が広いベルトでしっかり走れる!高機能のモーターを使用しているのでベルトを回す際の音が比較的静かグリップを握ると自分の心拍数を計測することができるので自分の体力に合わせて運動が可能。最高速度が12.0km/hであり、しっかりランニングできる。

⑦ ジョンソンヘルステック Horizonルームランナー Citta T82

【おすすめポイント】
ジムにあるマシーンを自宅で!ベルトが広く、傾斜・速度の設定がワンタッチ!

Amazonでみる楽天でみる

本体サイズ 幅約71.0 × 奥行約186.0× 高さ約132.0(cm)
ベルトサイズ 幅約41.5 奥行約136.0(cm)
速度調整 0.8km〜15.0km/h
連続走行時間
傾斜調整 最大10%
耐荷重量 115kg
折りたたみ式
参考価格 108900円

世界中でフィットネス機器を販売する、ジョンソンヘルステックの家庭用マシーン。最大10%までの角度傾斜調整も可能で坂道を走る感覚ベルトに厚みがあり、快適なランニングをサポートしてくれる。見やすいディスプレイで操作が簡単!傾斜は電動で調整が可能。BMI計算機能付きで、肥満度をチェックできる。

まとめ

今回はランニングマシーンのダイエット効果や正しい商品の選び方を解説しました。

今までダイエットが続かなかった方もランニングマシーンが自宅にあれば、継続しやすく脂肪燃焼に効果的なタイミングで有酸素運動を行うことができます

自宅の近くにジムがなく、自宅でダイエットしたいと考えている方は、参考にしてランニングマシーンを選んでみてください。