スポーツ・ダイエット

ロードバイク用ヘルメットおすすめ7選 安全でおしゃれなものをご紹介

ロードバイクは普通の自転車と比べ、速度が速く前傾姿勢となりますそのため、転倒した際には大けがにつながります。大けがを防ぐ重要なアイテムのひとつがヘルメットです。頭や首は命に大きく関わり、頸髄損傷など後遺症につながるカラダの一部です。

楽しくロードバイクに乗るために自分に合ったサイズで安全性の高いヘルメットを選びましょう。ヘルメットの種類は多く、軽量のものからおしゃれなものまで幅広くあります。

迷う時間をできるだけ省くためにここでは厳選したおすすめのロードバイク用ヘルメットを選ご紹介します。

【目次】

選び方

ポイント

頭のサイズやフィット感

頭の大きさや形は個人で違いがあります。サイズが合わないヘルメットを選んでしまうと次のようなケースが想定されます。

  • きつすぎて頭がしっかりおさまっていないのでズレてしまう
  • サイズが大きすぎてヘルメットが前後に動き、視界が悪くなる

このようなケースは大きな事故につながります。サイズと同じく頭の形も重要です。一番いいのは実際被ってみて体験する方法がベストです。自分の欲しいものがお店にあれば購入するのが良いと思います。

しかし値段が高いケースがあるので一度サイズを確かめて、ネットで値段を比較するとよいでしょう。また、おしゃれなものやカラーのバリエーション等は店頭よりネットの方が種類が多いのも事実です。欲しいヘルメットのメーカーやサイズが決まったらデザインやカラーをネットでチェックしてからどこで買うか決めるとよいでしょう。

ロードバイク用のヘルメットは海外のブランドも多いです。欧米ブランドのヘルメットが欲しい方は、アジア圏のサイズ感と合う「アジアフィット」や「ジャパンフィット」があるのでチェックしましょう。日本のメーカーは日本人の頭に合わせて作られているものが多いです。

ヘルメットの重さ

ヘルメットの重量は、一般的に220~300g前後が多いです。さらに軽量となると200gのものもあります。ロードバイクの姿勢は基本的に前傾した姿勢になります。そのため、首に負担がかかるのであまり重たいヘルメットはおすすめしません。負担がかかると首や肩が凝ったり、長時間の走行が難しいケースもでてきます。

安全性

ヘルメットには安全基準があり、以下のような認定や規格があります。

  • JCF認定
  • SG規格
  • CE規格

JCF公認のヘルメットには証紙(シール)が付属されており、(財)日本自転車競技連盟および加盟団体の主管する自転車競技において使用することができます。

材質でいえば耐久性や耐衝撃性が高いカーボンを使用しているものもあります。頭を守るために上記の項目はチェックしておきましょう。

おすすめ商品7選

おすすめする商品は安全性の高いもの基準にしています。価格は高めですがヘルメットを被る目的は頭を守ることだからです。その中でもおしゃれなものや軽量のものなど【おすすめポイント】を参考に選んでください。

GENESIS AF(アジアンフィット)

おすすめポイント】軽量で髪の毛を結んでも被れるので女性におすすめ!

Amazonでみる楽天でみる

メーカ LAZER
重量 約190g
サイズ S (52-56cm)
M (55-59cm)
L (58-61cm)
安全基準 CE-CPSC-AS、JCF 公認
ASIN B082TPFR4R

LAZERの人気モデルが軽量化され、アジアンフィットとなり、復刻された物になります。約190gの超軽量ヘルメットでロングライドの際の身体の負担を軽減してくれます。普通のヘルメットは調整ダイヤルが後ろについていますがこちらのヘルメットは上についており、髪の毛を結んでいても被れるとされていて特に、女性におすすめです。

AEON WF

【おすすめポイント】日本人の頭のサイズや形に合ったワイドフィットモデル

Amazonでみる楽天でみる

メーカ GIRO
重量 220g (Mサイズ)
サイズ
安全基準 JCF 公認
JANコード 4589675401658

日本人の頭の形は横幅が広い特徴がある。AEON WFは左右の幅をワイドに設計されており、日本人にフィットしやすい形状となっている。通気性もよく軽量なのでレースやロングライドに適している。

レビュー内容

こちらのモデルはアジア人向けに横幅が少しワイドに作ってあるため、被り心地がしっくりきて最高!価格は高いですが、ロードバイクに乗っててヘルメットに不満がある人は試す価値アリな製品ですよ。

CS-1 マットへリンボーングレー

【おすすめポイント】 通勤や通学用に最適!おしゃれなロードバイク用ヘルメット!

Amazonでみる楽天でみる

メーカ OGK KABUTO
重量 235g
サイズ M/L (頭囲 57cm~59cm)
安全基準 JCF(公財)日本自転車競技連盟推奨 JCF公認競技での使用不可
JANコード 4966094570071

帽子の感覚に近いヘルメット。バイザー付きで、通勤や通学でロードバイクを使う方におすすめ。標準装備のインナーパッドには速乾性に優れたメッシュ生地を使用。

ZENARD-EX

【おすすめポイント】デザインがカッコよく、機能性が高い!

Amazonでみる楽天でみる

メーカ OGK KABUTO
重量 205g
サイズ S/M 55-58cm
安全基準 JCF公認
JANコード 4966094578428

ヘルメットの形状がカッコよく、空気抵抗の軽減を可能にしている。頭全体を包み込むA.I.ネットは、フィッティングをする方にも最適。瞬間消臭素材を使用しているので臭いが気になる人にもおすすめ!

REZZA

【おすすめポイント】 頭が大きめ、安全で価格がリーズナブル

Amazonでみる楽天でみる

メーカ OGK KABUTO
重量 260g
サイズ XL/XXL (頭囲 60cm~64cm)
安全基準 JCF公認
JANコード 4966094567743

重量が260gと少し重たいがJAF公認の中で比較的、価格がリーズナブル。そのため、初心者の方におすすめのヘルメット。

TRAVERSE AF(トラバース アジアンフィット)

【おすすめポイント】ワンサイズで頭にフィットできる調整機能

Amazonでみる楽天でみる

メーカ BELL
重量 342g
サイズ Universal XL(58-65cm)
安全基準 CPSC Bicycle、CE EN1078
JANコード 0768686749209

エルゴダイアルフィットシステム。これはワンサイズ頭にフィットする調整システム。ボタンを押してダイヤルを回すだけのシンプルな片手調節が可能。

PROTONE

【おすすめポイント】本格的なレースにでる人向け

Amazonでみる楽天でみる

メーカ Kask
重量 M/230g、L/295g
サイズ M/55-58cm、L/59-62 cm
安全基準 CE EN 1078、JCF公認
JANコード 8057099020657

価格は比較的高めではあるがそれだけの価値がある。風洞テストをはじめとした各種の厳格なテストを得て作られたヘルメット。ロードバイクの代表的なレースであるツールドフランスに優勝した選手が使用していたことでも有名。

まとめ

価格の安い物も数多くありますが安全性の高いものを重視して選んで頂きたいです。やはりロードバイクは20km/h、レースによって30km/h以上ものスピードがでます。通勤や通学でも前傾姿勢になるので前方へ落ちるケースもあります。大ケガ、ひどい時では後遺症につながりかねます。自分の選ぶ基準と比較しながら、より安心してロードバイクを楽しむためにヘルメットも重視して選んでください。