アウトドア・キャンプ

人気・おすすめジギングロッド8選!初心者の方向けに選び方や特徴をご紹介!

初心者でも大物を狙えることで、ジギングは初心者から上級者まで人気の釣りです。ジギングとは、ジグを使って青物や根魚を狙う釣りのことをいいます。しかし、ジギングロッドは取り扱っているメーカーも多く、初心者の人はどのロッドを選んで良いか迷ってしまうでしょう。
そこで今回は、これからジギングを始めたい初心者向けに、ジギングロッドの選び方と、おすすめのジギングロッドをご紹介します。

【目次】

ジギングとは?

 

ジギングとは、メタルジグという金属でできたルアーを使って、魚を誘う釣りのことです。狙えるターゲットは、青物、根魚、ヒラメ、シーバス、タチウオなど多岐にわたります。
ジギングは、船からジグを下に落として、しゃくりあげる釣りです。船からの他に、岸からジグをキャスティングする釣りを、ショアジギングと呼びます。大きな違いは、船から狙うか、岸から狙うかということです。
しかし、ジギングとショアジギングでは、基本的に釣り方が異なります。ジギングは、船でターゲットの魚がいる場所まで移動し、真下に落としてルアーを上下にシャクるので、遠投の必要がありません


ジギングに対してショアジギングは、岸からキャスティングして、ジャーク(リールを巻きながらルアーをスライドさせる動き)などで、ジグに動きを加えて釣るのが一般的です。ショアからでも、ブリやヒラマサなどの大物が釣れることもあります。
船でおこなうジギングには、ライトジギング、スロージギング、ディープジギングなどに分かれ、それぞれ使うジグの重さが異なります。ジグの重さによって、使うロッドを選びましょう。

ジギングロッドの選び方

 

それでは次に、ジギングロッドの選び方を見ていきましょう。

釣りスタイルで選ぶ

船から釣るジギングでは、真下にロッドを落とすため、長いロッドは必要ありません。むしろ長いと扱いづらくなってしまいます。6〜6,3フィート程度の短いロッドが初心者にも扱いやすくおすすめです。
また、ショアから狙うジギングは大型の魚を狙えるため、硬くてパワーのロッドを選びましょう。M(ミディアム)からMH(ミディアムヘビー)がおすすめです。使用するジグは、80〜300gと幅広いので、釣りスタイルに合ったロッドを選ぶ必要があります。
また、ジギングにはオーソドックスなジギングから、ライトジギング、ディープジギングなど釣り方がさまざまです。オーソドクスなジギングでは、上下にシャカシャカと小刻みにシャクる動作をいれるため、初心者は疲れにくい軽量のロッドがおすすめです。

ライトジギングでは、100g以下の軽いジグを扱えるロッドが必要です。細かいアクション操作のしやすい、5フィートから6フィートの長を選ぶと良いでしょう。
逆に、ディープジギングですと、水深の深い場所に落とすため、200g以上のジグを扱えるロッドが必要です。大物が釣れる可能性が高いので、パワーのある硬いロッドを選んでください。また、深いところからの巻き上げは大変ですから、電動リールと合わせて使うのがおすすめです。

リールで選ぶ

リールにはスピニングとベイトがありますが、初心者は扱いやすいスピニングリールがおすすめです。底を取りやすく、パワーがあるのはベイトリールです。ジギングは、基本的にキャスティングをしないため、バックラッシュもおこりにくく、初心者にもおすすめです。

ガイドリングで選ぶ

 

初心者だからと、極端に安いロッドを選んでしまうと、逆に扱いづらくて後悔します。安いロッドのガイドリングは、何度もフルキャストしているうちに、摩擦抵抗によってラインブレイクがおこってしまう恐れがあります。
おすすめは、SIC(シリコンカーバイド)リングを装備したロッドです。ふいの大物がかかっても、ラインブレイクをあまり気にすることなくてすむので、初心者こそガイドリングにこだわりましょう。

初心者におすすめのジギングロッド8選!

それではさっそく、初心者におすすめのジギングロッドをご紹介していきます!

初心者におすすめのジギングロッド①:シマノ グラップラーBB S632

【おすすめポイント】超軽量で疲れない!

Amazonでみる

シマノの入門ロッドです。自重118gと軽く、一日中シャクっていても疲れにくいのがポイント。感度が良いので、あたりも取りやすいため、ジギングデビューに最適の1本でしょう。

全長 6.3フィート
自重 118g
適合ルアー MAX:150g
適合ライン MAX:PE2号
ASINコード B01B3QYZR8

初心者におすすめのジギングロッド②:シマノ ソルティアドバンス B63ML

【おすすめポイント】ライトジギング入門モデル!

Amazonでみる楽天でみる

ライトジギングにおすすめの、ベイトロッドです。軽快で疲れにくいライトタックルのジギングにマッチしています。マダイ、シーバス、タチウオ、サバなど多種多様な魚種に適応。ブリクラスの良型青物にも対応可能です。

全長 6.3フィート
自重 115g
適合ルアー MAX:160g
適合ライン MAX:PE2号
JANコード 4969363394330

初心者におすすめのジギングロッド③ :ダイワ ヴァデルJ60HS

【おすすめポイント】オールSICガイド採用!

Amazonでみる楽天でみる

ダイワの人気モデルです。エントリーモデルながら、上位モデルを踏襲した本格的なブランクを実現しました。低反発ブランクで、ジグにナチュラルな動きを与えます。初心者にも扱いやすくおすすめです。

全長 1.83m
自重 235g
適合ルアー 110-250g
適合ライン PE3-5号
JANコード 4960652319614

初心者におすすめのジギングロッド④:ダイワ ソルティガJ61MHS

【おすすめポイント】重いジグでも操作しやすい!

Amazonでみる楽天でみる

ダイワの最高峰ジギングロッドソルティガです。価格は高いですが、初心者にも扱いやすく、疲れにくい仕様となっています。本格的にジギングを始めたい人におすすめです。

全長 6.1フィート
自重 190g
適合ルアー 90-210g
適合ライン PE3-4号
JANコード 4960652028967

初心者におすすめのジギングロッド⑤:アブガルシア ソルティステージKR-X SXLC-632

【おすすめポイント】不意の大物も安心のベイトロッド!

Amazonでみる楽天でみる

青物やシーバス、タチウオなどオールマイティに狙えるロッドです。バッドパワーがあるので、大物がかかっても安心して取り込めます。ベイトジギングデビューに最適の1本です。

全長 6.3フィート
自重 148g
適合ルアー MAX:150g
適合ライン MAX:PE1.5号
JANコード 0036282599284

初心者におすすめのジギングロッド⑥:アブガルシア オーシャンフィールドOFJS-60/180

【おすすめポイント】コスパ最高のジギングロッド!

Amazonでみる楽天でみる

アブガルシアの人気シリーズ、オーシャンフィールドのジギング専用ロッドです。これからジギングをはじめる初心者から上級者まで納得のハイスペックな仕様となっています。専用リールとの組み合わせで更に快適なジギングが実現できます。

全長 6フィート
自重 198g
適合ルアー MAX:300g
適合ライン MAX:PE4号
JANコード 0036282353534

初心者におすすめのジギングロッド⑦:メジャークラフト3代目クロステージCRXJ-S602

【おすすめポイント】コスパ最高のジギングロッド!

Amazonでみる楽天でみる

低活性時のボトム付近や根に付いた警戒心の強い大物を攻略するために、120ℊ前後のジグをキャストしてのコンビネーション ジャークや、150g前後でのスローなアプローチを得意とするモデル。大物とのやり取りもパワフルなバットがアングラーに 余裕を与えてくれます。

全長 6フィート
自重 不明
適合ルアー 80-150g
適合ライン PE1.5-3号
JANコード 4560350813003

初心者におすすめのジギングロッド⑧:メジャークラフト 3代目クロステージCRXJ-B63 5SJ

【おすすめポイント】スロージギングの入門モデル!

Amazonでみる楽天でみる

水深200mを超えるようなディープエリアでのジギングや、300gまでのジグを使用するとき には、このモデルが最適です。ヘビーウェイトジグでディープエリアというハードなジギングでも、しなやかで反発 力の強いブランクが抜群のジグコントロールを可能になります。

全長 6.3フィート
自重 不明
適合ルアー 120-300
適合ライン PE0.8-3.0号
JANコード 4560350813140

まとめ

豊富な種類の商品が登場しており初心者の方は選びづらいという方も多いと思います。初心者でも選びやすいように特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。この記事を参考にあなたにぴったりなジギングロッドを見つけてください。