アウトドア・キャンプ

アウトドアナイフおすすめ10選!キャンプでの料理や薪割り、ロープワークで大活躍!

出典unsplash

キャンプなどのアウトドアで欠かせないのが、アウトドアナイフです。調理はもちろん、薪割りやロープワークなどで必要になります。アウトドアナイフは種類が豊富で、どれを選んでよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

アウトドアナイフを買うのに失敗したくない方のために厳選したおすすめアウトドアナイフをご紹介します。各商品の特徴を短く【おすすめポイント】に記載しているので、自分の探している条件のものを選んでください。

【目次】

アウトドアナイフの選び方:種類で選ぶ

アウトドアナイフの代表的な種類は以下の3種類です。それぞれの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介しますので、選び方の参考にしてください。

シースナイフ

出典unsplash

シースナイフとは、折りたたまないナイフで、鞘に納めて持ち運びをするタイプです。構造がシンプル耐久性があるのが特徴で、薪割りバトニングなどをはじめとした、ハードな使い方に向いてます。ブッシュクラフトを楽しみたいなら、シースナイフは必須です。

デメリットは、折たためないのでかさばるということです。重さもありますので、軽量キャンプを目指す方や、ブッシュクラフト的なことはしないという方にはオーバースペックとなってしまいます。

フォールディングナイフ

出典highmount

フォールディングナイフとは折たたむことができて、コンパクトで持ち運びがしやすいということが特徴です。フォールディングナイフの中でも、刃が薄く料理に向くタイプや、軽いブッシュクラフトができる厚めの刃など様々なタイプがあります。

料理用とブッシュクラフト用など、用途に分けて何本か使い分けるのもおすすめです。しかし、シースナイフと比べると耐久性が落ちますので、あまりハードな使い方をしてしまうと、折りたたみ部分が故障してしまうことがありますので注意しましょう。

マルチツールナイフ

出典:LEATHERMAN

マルチツールナイフとは、ナイフの他にヤスリやドライバーなどのいくつかの機能を持ち合わせているナイフのことです。十徳ナイフとも呼ばれているナイフで、機能はものによって様々なので自分の用途によって選ぶと良いでしょう。
ただし、ナイフとしての機能はシースナイフやフォールディングナイフと比べると劣ってしまいます。メインのナイフとしてというより、サブのナイフとしていざという時に役立つ優れものです。

アウトドアナイフの選び方:素材で選ぶ

アウトドアナイフに使われている主な素材は、ステンレスとカーボンスチールの2種類です。それぞれの特徴とメリットデメリットをご紹介します。

ステンレス製

 

ステンレス製のナイフは、錆に強いのが特徴です。メンテナンスが簡単なので初心者にもおすすめで、最初のナイフはステンレスにすると扱いやすいでしょう。初心者にも扱いやすいことはもちろん、ベテランキャンパーにも好まれていますので、長く使うことができます。

カーボンスチール製(炭素鋼)

出典highmount

カーボンスチール製のナイフは硬度が高く、切れ味に優れているのが特徴です。しかし、錆びやすいのがデメリットでメンテナンスが大変なことから、初心者にはあまりおすすめできません。
しかし、ナイフのメンテナンスに手間がかかる分、愛着が高くなります。初心者はまずはステンレスで、アウトドアナイフに慣れてから、スチールカーボンに挑戦してみるのが良いでしょう。

おすすめアウトドアナイフ10選!

アウトドアナイフは様々な国の様々なメーカーが販売しています。そこで、人気商品を10個紹介します。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ①:モーラナイフ Companion MG

【おすすめポイント】ハードな使用におすすめなタフなナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

扱いやすいステンレス製のシースナイフです。ブッシュクラフトやハードなシーンにもしっかり対応してくれますので、初心者からベテランキャンパーまで満足する作りとなっています。

材質 ブレード素材:ステンレススチール
ハンドル素材:ラバー
重量 約84g(ナイフのみの重量)
サイズ 刃体の長さ:約10.4cm
全長:約21.9cm
刃厚:約2.5mm
JANコード 5915903692823
レビュー 気兼ね無く使える値段、水濡れも気にならない素材(ステンレス、ラバー、合成樹脂)、特に初心者の方におススメ。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ②:NeoFoss サバイバルナイフ

【おすすめポイント】コスパ最高のシースナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

木目のハンドルは丈夫な高級彩木ウッド素材で、優しいブラウンカラーのシースと相性抜群です。切れ味の良いブレードは鏡面処理され、足の毛を剃ることができるほどの切れ味です。キャンプ中の焚き火で使用するフェザースティックもア作る事ができます。キャンプ、登山、サバイバル、魚釣り、バーベキューなどにたいへん重宝します。

材質 ステンレス(9CR18Mov)
重量 285g
サイズ 全長:27cm
刃の長さ:14.6cm
ASINコード B08MPYQXZG
レビュー 切れ味は箱だしでも、斬れます。重さも適度にあり使い易く、皮シースもしっかりした物で充分使えます。期待以上で良かったです!

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ③:MOSSY OAK ナイフシースタイプ

【おすすめポイント】高品質ステンレスで錆に強い!

Amazonでみる楽天でみる

天然ウッド素材で握りやすいハンドルです。手に優しくて持ち感が快適なのがポイント。ブレードを挟み込んだ堅牢なフルタング構造で、サイズの割りに重量バランスはニュートラルなので、手に馴染む感じが使いやすいです。

材質 ステンレス鋼
重量 240g
サイズ 全長: 22.5cm
刃体長さ:10cm
JANコード 0820909753582
レビュー 形状と価格の安さが決めてとなり購入しました。
シースもダブルホックでカッコイイです。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ④:ガーバー ベア・グリルスアルティメットナイフ

【おすすめポイント】米国老舗ブランドの人気ナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

低価格で質の高いナイフと評判のガーバーのナイフで最も人気のベア・グリルスシリーズのナイフです。英国の冒険家ベア・グリルス氏プロデュースでレア感が増します。

材質 ラバーグリップ(ハンドル先端はステンレス製)
重量 440g
サイズ ブレード:約12cm

全長:約25.5cm
JANコード 0053207813294
レビュー カラーリングのお陰でなんとなくレスキュー装備っぽい雰囲気があり、大型ナイフの割りに威圧感がなく、道具としてとても扱いやすい感じです。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ⑤:オピネル ステンレススチール#9

【おすすめポイント】フォールディングナイフの定番!

Amazonでみる楽天でみる

オピネルの創業以来変わらない、暖かみのある木のハンドルのデザイン。 シンプルで持ちやすく、アウトドアには欠かせない折りたたみナイフの定番商品です。切れ味抜群で調理ナイフとしておすすめです。

材質 ブレード/ステンレススチール
ハンドル/ブナ
重量 0.08g
サイズ 9.1 x 2.6 x 1.7cm
刃体の長さ:90mm/td>
JANコード 3123840010835
レビュー 大きいかと思ってた9ですが、握り具合(特に小指の掛かり具合)はシックリ感バッチリでした。後、届いた時点での切れ味も良かったですよ。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ⑥:バック レインジャー112

【おすすめポイント】日本人におすすめサイズのバックナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

歴史ある人気ブランドバックのシンプルで飽きのこないナイフです。適度な重さがあり、使いやすく切れ味も抜群なのがポイント。キャンプ料理や魚をさばくのに向いています。

材質 ブレード材:420HCステンレス
ハンドル材:マッカサルエボニー(縞黒檀)
重量 約175g
サイズ 15.24 x 2.54 x 2.54 cm
刃体長さ:約7.0cm 
JANコード 5448095821295
レビュー BUCKは#110(ハンター)が有名ですが#112(レインジャー)のほうが小振りで攻撃的な感じが抑えられてGOODです。デザイン、サイズ、クオリティ、そしてコストとすべてに満足しています。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ⑦:DURATECHフォールディングナイフ

【おすすめポイント】人間工学に基づいて設計されたハンドル!

Amazonでみる

コンパクトで携帯性に優れたナイフです。しかも、テールに穴があるので、キーホルダーにかけることができます。ブレードの片面に溝があるので、刃を取り出しやすいのがポイントです。様々なアウトドアシーンでおすすめです。

材質 7CR17ステンレス鋼(硬さHRC52-58)
重量 82g
サイズ 全長:17cm
刃体長さ:7cm
JANコード 0820909660088
レビュー 個人的には、このデザインと持ち心地はとっても良く感じる。オピネルほど素朴でも無く、ビクトリノックスほど洗練されている訳でも無い、丁度その中間。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ⑧:AuRiver 折りたたみナイフ

【おすすめポイント】安全ライナーが安心のナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

ポケットクリップの設計によって、ポケットまたはベルトに挟むことができます。また、キーリング搭載でカギなどに取付可能で、持ち運びが非常に便利です。収納ケースも付属しているので、保護の同時に持ち運ぶ可能です。刃を開くとロック機能がすぐに働きますので安全に使用することができるのがポイントです。

材質 D2ステンレス
重量 160g
サイズ 15 x 6 x 3 cm
JANコード 0780317773155
レビュー デザインが気に入り購入。刃をたたんだ時に刃先が服と指に引っかかるので刃先を2mm位研いだら引っかかりも無くなりデザインも自分好みになり、とても満足しています。

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ⑨:AideMeng マルチツール5-IN-1多機能型ナイフ

【おすすめポイント】5つの機能を備えたアウトドアナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

切ったり、開けたり、締めたり、緩めたりなどの5つの機能を兼ね備えた多機能ナイフです。折りたたみ式でコンパクトに収納でき、持ち運びに便利! 錆に強く長持ちなのがポイントです。

材質 ステンレス
重量 360g
サイズ 14 x 6.8 x 5.6 cm
ASINコード B087QWXR73
レビュー デザインがよく、ナイフメインの形状でアシスト付きのペンチもハンドルの中にきっちり収まるし、ケトルなど持ち上げるのに丁度いい、なかなか良い買い物でした

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ⑩:VERTEX 20徳ツールナイフ

【おすすめポイント】コスパ最強のマルチナイフ!

Amazonでみる楽天でみる

アウトドアや日常の作業で使えるツールを備えたコンパクト多機能ナイフです。キャンプやアウトドア、非常時などに備えて常備しておくこともいざという時に役立ちます。サビにくいステンレス製。だからタフに使えます。

材質 本体/ステンレス鋼
ハンドルカバー/ABS樹脂
重量 約155g
サイズ 約W100×H200×D23mm
ナイフ刃渡:約53mm
JANコード 4968198300363
レビュー 作りはしっかりしていて、ナイフが切れない、ハサミが切れない等のありがちな、使えないツール等もありません。価格を考えれば十分満足できる商品です。

まとめ

今回は、アウトドアナイフの選び方、おすすめのアウトドアナイフを10選ご紹介しました。これからアウトドアナイフの購入を検討している方は、本記事を参考に、機能や材質によって自分に最適なアウトドアナイフを選んでください。