アウトドア・キャンプ

人気おすすめ寝袋(シュラフ)8選!選び方や種類別のおすすめ商品をご紹介

【目次】

キャンプの必需品と言えば寝袋。みなさんは、どのような寝袋を使っていますか?これから寝袋を買いたいという人も、さまざまな種類があって、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、寝袋の種類や選び方、種類別におすすめの寝袋を8選ご紹介していきます。
これから寝袋の購入をお考えの方、追加で購入したい方などは、ぜひ参考にしてみてください。

寝袋の選び方

それではさっそく、寝袋の選び方をご紹介していきましょう。たくさん種類があって、どれを買えば良いかわからなくて迷ってしまいますよね。違いを知らずに買ってしまうと、失敗してしまうことも。

寝袋の種類

寝袋には大きく分けて、封筒型とマミー型の2種類があります。それぞれの特徴を紹介していきましょう。

寝袋の種類:封筒型

封筒型の特徴は、長方形の筒型ということ。まさに封筒のような形。そんな封筒型寝袋のメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

ゆとりがあるので、寝袋の中で寝返りも可能。横のジップを開けると、手や足を自由に出すことができるので、温度調節がしやすいこともメリットのひとつ。 また、ジップで全開封できるタイプが多く、掛け布団や敷布団として使うこともできるのも便利です。連結できるタイプだと、ダブルサイズにすることも可能。キャンプはもちろん、家でも使いたいという人にもおすすめです。

【デメリット】

通常の封筒型は気密性が低く、寒さには弱いのがデメリット。(中には、封筒型でも気密性が高いものもあります。)封筒型の形状的に、頭から肩が外気に当たってしまうことが理由。 また、封筒型は収納サイズが大きいので、場合によってはデメリットとなってしまいます。登山や自転車移動などの軽装キャンプには、あまりおすすめできません。逆に、車移動のキャンプやオートキャンプなどにおすすめです。

寝袋の種類:マミー型

マミー型の特徴は、頭から足先まですっぽり覆われて、体にフィットするような形。寝袋に入ってる姿がミイラに似ていることから、ミイラを意味するマミーと呼ばれるようになりました。それでは、マミー型寝袋のメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

メリットは、なんといっても暖かいということ。全身がすっぽりと包まれて、密着度も高いので保温性に優れています。首周りをドローコードで絞れば、外気をシャットアウトすることができ、更に暖かく快適に寝ることが可能。 そして、軽くて収納サイズがコンパクトなのもメリットです。山登り、徒歩や自転車移動のキャンプなど、荷物を軽量コンパクトにしたい人にもおすすめです。

【デメリット】

寝袋内で寝返りができないので、窮屈だったり圧迫感を感じることも。封筒型に比べると、高めなのも、出費を抑えたい人にとってはデメリットとなってしまいます。

中綿の種類

寝袋の中綿には、主にダウン化繊の2種類があります。ダウンは軽くて暖かく、寝心地も良いですが、価格が高いものが多くお手入れも大変です。湿気を吸収しやすく、カビが生えてしまうことがあるので注意が必要です。 化繊は耐久性が高く値段もお手頃。洗濯できるタイプも多く、お手入れがラク。初心者にもおすすめですよ。ただし、収納サイズはダウンより大きくなるので、軽量でコンパクトさを追求するなら、ダウンに軍配があがります。

対応温度

使用する場所や、使用する季節などによっても、寝袋の選び方は変わってきます。寝袋と一口に言っても、対応できる温度がそれぞれ違うので、使用用途に合わせて選ぶ必要があります。夏に使用するなら5〜10℃、春夏秋の3シーズンなら-5〜5℃、冬に使用するなら-5℃以下のものを基準に選ぶと良いでしょう。しかし、キャンプ場の場所や気温によっても変わるので、自分が良く使用するシチュエーションで選ぶか、どの気温でも対応できるように数種類用意するのもおすすめです。

種類別おすすめの寝袋8選!

それでは、封筒型とマミー型、それぞれのおすすめの寝袋をご紹介していきましょう。

封筒型おすすめ寝袋①:スノーピーク寝袋 エントリーパックSS

【おすすめポイント】収納ケースに入れてクッションとしての使用も可!

Amazonでみる楽天でみる

人気アウトドアブランドのスノーピークの寝袋。2点セットなので、広げれば敷布団と掛け布団としても使用できます。テントでの使用はもちろん、車中泊にも便利。自宅で洗濯が可能なのも嬉しいポイントです。

材質 表地、裏地:68Dポリエステル
中綿:ポリエステル
重量 1.7kg
サイズ 78×196cm
下限温度 5℃
おすすめシーズン 春・夏・秋
JANコード 4960589012572
レビュー 色やデザインがシンプルでおしゃれ。使わない時はクッションとして車に置いておけて便利です。

封筒型おすすめ寝袋②:JUYEE 寝袋ダウンシュラフ

【おすすめポイント】最低温度-25℃対応!軽量で丸洗いできる!

Amazonでみる楽天でみる

良質なダウン1800gを使用。冬でも暖かく寝ることができ、-25℃まで耐える優れもの。封筒型の寝袋なので、広げて敷布団や掛け布団としての利用も可能です。左開き、右開きが選べて、2個連結も可能です。恋人同士や夫婦、お子様の添い寝にもおすすめ!

材質 表面素材:380Tナイロン100%(防水性強)
肌面素材:320Tポリエステル
詰め物:ダウン
重量 2,650g(羽毛量1,800g)
サイズ 80×210cm
下限温度 -25℃
おすすめシーズン
ASINコード B07K71JNL8
レビュー 暖かくふわふわで厚みがあるので、快適に寝られます。中で自由に寝返りができるのも寝やすくて良かったです。

封筒型おすすめ寝袋③:モザンピークフランネルリプラ

【おすすめポイント】洗濯機で丸洗い可能!肌ざわりが抜群!

Amazonでみる楽天でみる

洗濯機で丸洗いできる封筒型のシュラフ。フランネル綿の裏地が肌触りが良く、快適に寝ることができます。首元にしぼりがついているので、外気をシャットアウト。連結することでダブルサイズにアップ。ダブルジッパーなので暑い時期は足元が開けられます。連結することでダブルサイズにもでて便利!

材質 表地:ポリエステル
裏地:フランネル
中綿:コットン
重量 2Kg
サイズ 84×190cm
下限温度 5℃
おすすめシーズン 春口〜秋口
ASINコード B07X14YKVW
レビュー 中のチェック柄がかわいい。そして布団のような寝心地で快適に寝ることができます。

封筒型おすすめ寝袋④:LEEPEWI 軽量保温210T防水シュラフ

【おすすめポイント】安い寝袋をお探しの方!選べる10色のカラーバリエーション!

Amazonでみる楽天でみる

洗濯機で丸洗いができるので衛生的。保温性が高いシルクコットンの中綿で、ふんわり暖かくリラックスして寝られます。帽子部分は伸縮できるので、頭部と首元が覆われて外気が入るのを防いでくれる優れもの!

材質 外側:ナイロン
中綿:コットン
重量 1.1kg
サイズ 75×210cm
下限温度 5℃
おすすめシーズン 春・夏・秋
ASINコード B07VB397SR
レビュー なんと言ってもコスパが最高です。値段の割に機能性が高くお得感があります。帽子付きなので頭もすっぽり覆われて、暖かくて安心感があるのが嬉しいです。

マミー型おすすめ寝袋①:Soomloomマミー型高級ダウン650FP寝袋

【おすすめポイント】3D立体型で熱を逃がさず温か長持ち!

Amazonでみる楽天でみる

ダウンの量が、400g、600g、800g、1000g、1200g、1500gから選べます。ダウンの量で快適温度と下限温度が変わりますので、季節に合わせて数種類揃えるのもおすすめ。両開きファスナーで、暑い時には手や足を出したりなどの調節が可能です。

材質 表面:400Tナイロン
中綿:ダウン(羽毛)
重量 羽毛量600g
サイズ 80×210cm
下限温度 5℃
おすすめシーズン 秋・冬
ASINコード B07JM1VQ6B
レビュー 1万円以下で買えル寝袋の中では、クオリティがすごく高いです。必要な性能が充分だと思います。費用を抑えてある程度の性能のものが欲しいという人にはおすすめです。

マミー型おすすめ寝袋②:コールマン エクストラウェザーマミー

【おすすめポイント】-18℃まで対応の極寒仕様!

Amazonでみる楽天でみる

頭まですっぽりと覆ってくれて、とても暖かい寝袋。フードを絞れるので、冷気をシャットアウトします。サイズの割に軽量なのもポイント。ダウン仕様ではないため収納はかさばりますが、お手入れはラクラクです!

材質 ポリエステル
重量 2.64kg
サイズ 81×208
下限温度 -18℃
おすすめシーズン
JANコード 0172302763287
レビュー 雪中キャンプで使いましたが、寝袋の下にエアマットを敷いて快適に寝ることがてきました。値段の割に良い製品だと思います。

マミー型おすすめ寝袋③:スノーピーク寝袋 エントリーパックSS

【おすすめポイント】安くてAmazonで人気の寝袋!選べる14色のカラバリ!

Amazonでみる楽天でみる

丸洗い可能のマミー型寝袋。簡易防水で湿気を防ぎ、内部の汗は外側に排出する機能も。新型素材の中空ホローファイバーで、-15℃の寒さにも耐えます。たくさんのカラバリがありますので、自分好みの色を選べるのもポイントですね。

材質 中空ホローファイバー(コットンファイバー)
重量 1.6kg
サイズ 24×11.5×15.5cm
下限温度 -15℃
おすすめシーズン
ASINコード B07VPCQH7G
レビュー 値段の割に機能がちゃんとしていて、入門者やコスパ重視の人におすすめです。足を出すためのファスナーも次いていて良心的だと思いました。

マミー型おすすめ寝袋④:スノーピーク寝袋 エントリーパックSS

【おすすめポイント】厳選された抗菌防臭ホワイトダックダウンを使用!

Amazonでみる

ホワイトダックの胸やお腹の毛から取得した、良質な羽毛を93%使用。ダウンの量を400g、1000g、1500g、2000g、2500gと気温によって選べます。表面は高耐水ナイロンで、内部の熱を逃しません。左右閉鎖可能のダブルジッパーで、内外ともに開閉がスムーズなのもポイント!

材質 表面:高耐水ナイロン
肌面:320Tポリエステル
中綿:ダウン
重量 800g(400gダウン詰め)
サイズ 不明
下限温度 不明
おすすめシーズン 秋、冬(中のダウンを増やせば極限厳冬も対応可)
ASINコード B085H96P52
レビュー 届いてすぐに開けると一気に空気を含んでふわふわに。中はとても暖かく快適です。

まとめ

今回は、寝袋の種類や選び方、種類別におすすめの寝袋をご紹介しました。寝袋の形状や中綿の種類などによっても選び方はさまざま。自分のキャンプスタイルに合わせて、最適な寝袋を選んでくださいね!