アウトドア・キャンプ

エギングリールおすすめ8選!番手の違いや選び方の説明、コスパの高い商品をご紹介!

エギングとは、エギ(エビに似せたルアー)を使ってイカを釣る人気の釣りです。地方によって釣れるイカの種類は違いますが、全国の釣り人に親しまれています。

エギングというと、カラフルなエギをコレクションする人がいるぐらい人気ですが、エギをしゃくり続ける釣りのため、快適な操作ができるリール選びが重要となります。そこで今回は、エギングリールの選び方やおすすめのエギングリールをご紹介します。

初心者の方から上級者の方まで必見の内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

エギングリールの選び方

 

出典photoAC

それではさっそく、エギングリールを選ぶ際のポインをご紹介していきます。

リールの種類で選ぶ

出典DAIWA

リールには、スピニングリールとベイトリールがありますが、エギングに向いているのはスピニングリールです。さまざまなメーカーからエギング専用のリールが発売されていますが、海水用のスピニングリールでも問題ありません。

そして、エギングはエギを投げてしゃくってという操作を繰り返しますので、軽くて操作性の良いリールがおすすめです。

狙うイカの種類で選ぶ

 

出典photoAC

日本には、なんと140種類ものイカが生息しています。その中でもエギングで釣れるイカの種類は主に、アオリイカ・ヒイカ(マメイカ)・ヤリイカ・スルメイカ・コウイカなどです。アオリイカは、3050cm程の大きさに成長し、中には1mほどの巨大なイカが釣れることもあります。逆に、ヒイカは10cm程と小さいサイズです。

地方によって釣れるイカの種類が異なり、時期によって大きさなども異なります。狙うイカのターゲットによってラインの太さを変えるのが重要ですが、それに伴ってリールの番手(サイズ)も重要になってきます。

エギングでは、アタリの取りやすいPEラインを使用するのがおすすめです。イカのサイズによって0.60.8号のPEラインを使用しますが、100200mのラインを巻けるリールが必要となります。漁港などでのちょい投げなら100m程度で大丈夫ですが、磯場などで遠投するなら200mは巻いておいた方が良いでしょう。

以上のことを考慮して、エギングに最適なリールは20003000番がおすすめで、小さなヒイカには20002500番、大きなアオリイカでは25003000番が適しています。主なターゲットがヤリイカやスルメイカという場合は、汎用性のある2500番のリールが良いでしょう。

ギア比で選ぶ

出典SHIMANO

エギングリールを選ぶ際に、番手(サイズ)の他に、ギア比をチェックするのも重要です。ギア比とは、ハンドルを1回転する際の糸巻き量の比率のことを言います。一般的なノーマルギア比は55.7、ハイギアで5.86.16.2以上になるとエクストラハイギアとなります。

ギア比に関しても、イカの種類や釣る場所によって選び方が違ってきます。一般的にエギングでは、糸フケを回収しやすいハイギアのリールが人気です。しかし、じっくりゆっくりと攻めたい場合はローギアを使うなど、状況によって使い分けることもおすすめです。

重量や操作性で選ぶ

 

出典photoAC

エギングは投げてしゃくってという動作をひたすら繰り返すため、250g以下の軽いリールがおすすめです。軽さの他に、スムーズに巻けることも重要となります。また、スムーズにしゃくる為にはドラグ性能が重要で、ラインを張りすぎず緩めすぎずに適度にキープできるリールを選びましょう

ハンドルで選ぶ

 

エギングに使用するスピニングリールには、シングルハンドルとダブルハンドルの2種類があります。エギングでは、細かい調節ができ、ラインスラックの量を調節できるダブルハンドルが人気です。

基本的には好みで選んでも大丈夫ですが、初心者が最初のエギングリールを選ぶなら操作性の良いダブルハンドルがおすすめです。

おすすめのエギングリール8選!

それではさっそく、おすすめのエギングリールをご紹介していきましょう!

おすすめエギングリール①:ダイワ 19エメラルダスLT2500S-H-DH

【おすすめポイント】初心者にもおすすめの操作性に優れるモデル!

 

Amazonでみる楽天でみる

マグシールド搭載で、塩ガミや異物の混入による回転異常を防いでくれます。ラインブレイクを防ぎながら素早く取り込むことを可能にしたオートマチックドラグシステムが優秀な機能です。

ギア比 5:6
糸巻き量 0.6号-200m
重量 240g
最大ドラグ力 10Kg
JANコード 4960652309141
レビュー ドラグは繊細に設定出来ます。しゃくりながらもうちょい滑らせたいなとか逆に絞めたい時カチカチと微妙なセッティングが出来ます。素晴らしい!

おすすめエギングリール② :ダイワ21エメラルダスエアFC LT2500S

【おすすめポイント】ダイワの最新エギングリール!

Amazonでみる楽天でみる

ダイワのエギングリール史上最軽量のリールです。圧倒的な軽さで繊細なアタリをキャッチしてくれます。テクニカルな誘いに対応しやすいノーマルギアを採用。上級者も満足できるエギングリールです。

ギア比 5:1
糸巻き量 0.6号-200m
重量 160g
最大ドラグ力 5Kg
JANコード 4550133087585
レビュー 最新モデルにつきamazonのレビューなし

おすすめエギングリール③:ダイワ 18レガリスLT2500S-XH

【おすすめポイント】価格の割りに高性能のコスパ最強リール!

Amazonでみる楽天でみる

エギング専用リールではありませんが、軽くて安いダイワのエントリーモデルです。これからエギングを始めたいという初心者でも扱いやすく、他の釣りにも使える万能リールです。

ギア比 6:2
糸巻き量 0.6号-200m、0,8号-190m
重量 205g
最大ドラグ力 10Kg
JANコード 4960652141284
レビュー 見た目もカッコよく価格も安いし凄く軽い!

おすすめエギングリール④:シマノ セフィアBB C3000SDHHG

【おすすめポイント】初心者におすすめのエギング専用リール!

Amazonでみる楽天でみる

エギング特有のハードな「シャクリ」に耐え、滑らかなリーリングを実現する「高耐久」「防水」「快適なギアフィーリング」を兼ね備えたモデルです。

ギア比 6:1
糸巻き量 0.6号-200m、0.8号-150m、1号-110m
重量 250g
最大ドラグ力 9Kg
JANコード 4969363039460
レビュー エギング用にギアの耐久性が高く設定してあるのでシャクる釣りには良いです

おすすめエギングリール⑤:シマノ20ツインパワー2500S

【おすすめポイント】発売以来30年愛されてきた人気モデル!

Amazonでみる楽天でみる

たわみや歪み・ネジレを抑制する金属ローターの搭載に加え、HAGANEボディとの組み合わせにより、過剰なまでの剛性感と耐久性を実現しました。シマノの最高峰モデルである、ステラを彷彿とさせる安定した巻き心地が扱いやすく。ロングストロークスプールを採用したことでキャスト性能も向上しました。

ギア比 5:3
糸巻き量 0.6号-200m、0.8号-150m
重量 210g
最大ドラグ力 4.0Kg
JANコード 4969363041388
レビュー 剛性感というか堅牢感というかエギに負けない操作の余裕があります。

おすすめエギングリール⑥:アブガルシア Revo MGXtreme2500SH

【おすすめポイント】繊細なエギングにおすすめなリール

Amazonでみる楽天でみる

エギング専用リールではありませんが、170gの軽量ボディで繊細なアタリをキャッチできます。個性的なデザインで見た目もかっこよいリールです。

ギア比 6.2:1
糸巻き量 0.8号-150m
重量 170g
最大ドラグ力 3.2Kg
JANコード 0036282956759
レビュー 軽さも申し分なしです。連続キャストしてても疲労感少なくてとても楽です。

おすすめエギングリール⑦:ワタキャンプ スピニングリールOrigo2500SD

【おすすめポイント】コスパ最強!エギングにおすすめリール!

Amazonでみる楽天でみる

替えのスプールが付きで3000円未満のコスパ最強モデルです。エギング以外にもトラウトやブラックバスなどさまざまな釣りに汎用できますので、低価格で揃えたいならおすすめのリールです。

ギア比 5.2:1
糸巻き量 0.6号-100m
重量 213g
最大ドラグ力 5.5Kg
ASINコード B0825MYB18
レビュー 低価格のリールを探していると、評価の高かった本品を発見。スプールも付いてるし、気軽にラインを替えて釣りたかったので購入。

おすすめエギングリール⑧:AshconfishスピニングリールAF2000

【おすすめポイント】PEライン付きのコスパ最強リール!

Amazonでみる楽天でみる

PEライン付きなので、買ってすぐ使えるのが嬉しいポイントです。エギングの他にもさまざまな釣りに対応できますので、色々な釣りをしてみたいという初心者者にもおすすめです。

ギア比 5.0:1
糸巻き量 2号-150m
重量 213g
最大ドラグ力 6Kg
ASINコード B08LPFWQ4R
レビュー また各号数にあったPEラインが付属しますし、低価格で性能も十分ですので初心者の方に非常にお勧めできます。

まとめ

エギングリールの選び方、おすすめ商品をご紹介しました。